米良三山(三方岳、石堂山、天包山)

 

 天気にも恵まれ、新緑の中、アケボノツツジが咲き小鳥が歌う春の山行。

 九州三荘の一つ米良荘、その深い山峰の内、米良三山と呼ばれる三方岳(1479m)、石堂山(1547m)、天包山(1189m)。どの山からも市房山が望めます。
 三方岳の北と西側は九州大学の演習林で原生林となっておりむやみに踏み込むことは出来い。 三月の下見の時は登山道も苔むしておりあたかもカーペットの上を歩くような柔らかな感触であった事が思い出される。
 石堂山の八合目から上は尾根道となりいくつものピークを越えるため、次が山頂と思うとその都度だまされる。メンバーの一人が数えた所によると八回のピーク越えがあったそうな。
 天包山は西南の役で最後の激戦地になった場所でもあり巨岩には銃弾の痕が残っている。現在は公園になっており遊歩道が山頂まで続く。
 椎葉の米良村、もちろんコンビニもありません、がしかしまだ木の香がする真新しく立派な温泉がありました。すぐ横にはバンガローなどの設備がありここで泊しましたので結構安上がりになりました。(カリコボーズの湯ゆた〜と)

52
 湯前  → 大河内峠登山口 → 三方岳山頂 → 山頂出発 → 大河内峠登山口
       
8:24     11:00   11:50   14:00
53
 井戸内峠登山口 → 6合目 → 7合目 → 7合目出発 → 8合目
  
8:40        8:55    9:30    9:35     10:15
 → 9合目 → 石堂山山頂 → 山頂出発 → 9合目 → 6合目
  
10:50    11:20    12:55    13:20   14:35
 → 井戸内峠登山口
    
14:45        
54
 登山口 → 天包山山頂 → 山頂出発 → 登山口

 
7:20    7:50     8:20   8:45

 三方岳稜線

  三方岳稜線よりの展望


 新緑が美しい

 石堂山登山口

  石堂山頂上よりの展望


 市房山

 天包山登山口

 天包山頂上より市房山